熊野市 kumano    〜 黒潮回廊と神々の古郷

   熊野市は、吉野熊野国立公園のなかでも、雄大な海山の自然と、古い歴史に恵まれたまちです。


クリックすると拡大します
 熊野大花火大会

 江戸時代から300年以上続く伝統ある花火大会で毎年8月17日に開催される。七里御浜と熊野灘を舞台に約1万発の花火が打ち上げられ、夜空を焦がし海面に映える花火が美しい。また豪快な鬼ヶ城大仕掛けの轟きも魅力。紀州地最大の夏の風物詩。

クリックすると拡大します
 熊野古道 - 伊勢路

 熊野古道は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に参るための道。険阻さゆえに開発から逃れた熊野古道は現代人の癒しの道として甦った。深い緑、清らかなせせらぎ、路傍にたたずむ史跡や石仏・・・。伊勢路は伊勢にお参りを済ませた旅人が熊野を目指した庶民の道です。

クリックすると拡大します
 鬼ヶ城

 熊野市の南部、熊野灘に突き出た半島の岩盤には、侵食によってできた大小の洞穴が無数にあり、「岩の国・熊野」を彷彿とさせる。まさに自然が造りあげた岩の彫刻芸術である。
 かって、多我丸という海賊がここに住みつき、熊野一帯を荒らしまわっていたが、坂上田村麻呂に征伐されたという伝説が残る。約1kmの遊歩道が波打ち際に沿って続いている、国の名勝天然記念物。

クリックすると拡大します
 獅子岩

 七里御浜の北端にそびえる奇岩で、大自然の侵食が造り上げた高さ25m周囲210mのその姿はあたかも熊野灘の彼方に向かって吠える大獅子のよう。国の名勝天然記念物。

クリックすると拡大します
 七里御浜海岸 (松本峠からの風景)

 熊野市から鵜殿村まで延々22kmも続く日本一長い砂礫海岸で、日本の渚百選にも選ばれおりアカウミガメの上陸地としても知られている。御浜小石が色とりどりで美しく、熊野灘の荒々しさとは対照的な優しさがある。

クリックすると拡大します
 花の窟

 花の窟は天地創世の神であるイザナミノミコトが火の神カグツチノミコトを生んだところであると「日本書紀」に記されている。






クリックすると拡大します
 楯ヶ崎

 黒潮の荒波と潮風が造り出した伝説の舞台。増基法師の紀行文に「神のたたかひたる処として、楯をついたるやうなる巌どもあり」とあるように、数百もの岩の柱が束ねられ巨大な楯となって海にそそり立ち、神武天皇上陸の地と伝えらている。

(資料協力:熊野市役所観光交流課)